2017. 08. 14  
第二部
第四章 第117話


豆箱が新しくなってから、副産物の鯨の中身変更で、製作BOXが消えてから2ヶ月が過ぎた。
この影響で、青重、FPなど人気の高い防具は高騰した。適正価格に戻ったと言うべきか?

取引価格の高騰が続き、ドワーフギルドはこれを好機と捉えて、素材・図・コアの購入に勤しんだ。そんな事をしていると、色々と持ち込む人も増え、色々な人脈が形成されていく。

先日も青系の図を購入しようとして、枚数不問と書いてトレード板に書いたところ・・・代引きで送られてきたのは、青図400枚。さすがに、それを、作る素材とコアは無くて、断りの連絡をしたところ、素材・コア・図をかなりお得な値段で売ってくれる話になり、早速購入する。

レアな武器コアも手に入り、ますます製作三昧な日々に明け暮れる。布告されているのだが、村から出ない限り不便は無い。郵便・WISでやり取りしている為、取引相手には迷惑は掛からない。

素材を大量に購入し、アデンアジトを買う夢が遠ざかったと思っていたら・・・

アデンアジトの売却の話が舞い込む。何ともタイミングが悪い。何回かアジトの件で話した事のある人物だ。傲慢のタリスⅥは、3個目が作成出来たが、まだ、売れていない。手元にアデナは、そんなには無い。

アジトの価格は、6月に20億だったのが、7月には17億だった。8月に入ると、18億になっていた。実はその金額を眺めて、途方に暮れていたばかりだったのだ。先方に、現状を話して、まだ、アデナが貯まっていない旨を伝える。

だが、ここで、風向きは大きく変わった。どこからか追い風が、シモーサに向かって吹き始めた。


『早急に処分したい』


この一言は、シモーサにとってチャンスであった。買ってくれそうと見込んで話を持って来ている。その相手に、弱味を見せているのだ。値下げ交渉も可能、譲歩してくれそうである。
先方へはアデナを都合するので、24時間の猶予を貰う。

さて問題は、どこからアデナを引っ張ってくるかだ。
出来る事なら借りたくは無い。いくら知り合いといえど、トラブルの種である。こっちの事情を知っていて、信用してアデナを貸してくれそうな人物には、心当たりがある。早速連絡を取り、事情を話す。アデナを借りるのは、クラシックに来て初である。身の丈にあった活動を信条として来たので、まさか、借りる事など想定外だ。

手元にあるタリスⅥとOE武器を担保に、アデナを貸してもらえるかお願いしてみた。これが、売れれば借金は返せるので、話は即決まった。

先方へアジト購入の意思を伝える。購入の段取りを確認し、入札する。

これで、クラシックに来て、夢に描いていたアジトが購入出来た。王冠でもアジトを所有しているが、こちらはタダで貰ったので自力ではない。
貰えるという話になったのは、シモーサの行動が評価されてなので、自力とも言えるが、自分で稼いで買ったわけではない。

資金調達を目的に作った3rdキャラシモーサ。
そして、スサノオに入り、ドワーフギルドを作り、今日に至る。

クラシックを始めて一年が経ち、夢が現実となる。これまで、直接関わった方々、間接的に影響を受けたり関わった方々、

スサノオ盟主
ギルド設立に融資してくれた謎の人物
アデナ貸してくれたギルドメンバー
王冠のメンバー、ギルドメンバー、同盟組んでたメンバー、
同期の盟主の二人(ライバルとしてこちらから一方的に意識してたけど、この二人がいなかったらまた物語は違っていただろう)

関わった方々全てが、夢に尽力してくれたと思っています。

感謝の言葉を言わしてもらいます。

『いままでありがとう』

ん?何か引退みたいになってしまったので、最後に


『これからも、よろしく』 第二部 完




にほんブログ村 ゲームブログ 2へ

↓↓↓↓↓ ポチっと押してもらえると嬉しいです (*^_^*)




スポンサーサイト
2017. 08. 12  
第二部
第四章 第116話


メンテ前の火曜日に、ノンシュガーから三回目の布告が届いた。


ザンコンのグランカインを混迷に陥れる策は、ひとまず成功なのでは無いだろうか?
今迄VIP・LAに対して先手を打てなかったザンコンにとって、ノンシュガーと手を結び、戦う選択を突き付ける事が出来たのは大きい。

逆にVIP・LAは、空布告という大義名分を失い、今後どんな選択をするか注目の的となる。

現在の王冠は?


ノンシュガーとは、交戦していない。そもそも狩りを邪魔しに来るメリットが無いのだろう。わざわざ巡回して、PKして赤ネームになると、別の対抗勢力に狙われてしまう。

ただ、血盟戦は、メリットデメリットでするのではない。自分達の主張を正しいと信じ、戦う事でその主張を押し通すという手段のひとつだ。
相手の血盟を潰す、都合の良い和解案を提示、降伏、謝罪などなど、自分達の主張を通す・認めさせる事が出来ればよいのである。

果たして、シモーサ達は、そんな事が出来るのか?

【相手の血盟員の心を折る】

無理だろうな・・・そんなガチの血盟戦は、みんなライブで散々懲りただろう。

ノンシュガーの思惑の一つ、レイドへ参加させないという事は、成功している。ただ、王冠のメンバー、レイドも野良PTも行ってない。影響はゼロではないが、大きくも無い。

税収については、新たな発見があり、NPCへの販売のみ税収となるのが判明した。
これにより、今やっている(消耗品をギランで買わない)運動は、取り敢えず、無意味になったので、SS工房だけにする予定。

今後、ノンシュガーに対して、どの様な方法で対抗すべきなのだろうか?
たまに見掛けると、

・GK、倉庫で棒立ちのノンシュガーメンバーは、邪魔だと白チャで伝える。
・村で動いているノンシュガーメンバーには、ゴミバフして、今掛かっているバフを追い出させる。(エルダーのバフは、比較的有効)
・対ノンシュガー勢力へのアデナ・物資支援
(素材とコアと図を7億ほど購入したので、実はあまりアデナ無い)



にほんブログ村 ゲームブログ 2へ

↓↓↓↓↓ ポチっと押してもらえると嬉しいです (*^_^*)



2017. 07. 24  
第二部
第四章 第115話


▼▼▼▼新しいご意見頂いたので▼▼▼▼


スサノオ血盟が悪いなんて一言も書いていませんよ?
スサノオ血盟にはこれだけの決断をする信念と正義感があったわけで、素晴らしいと思いますよ。
あなたは布告されたから急にスサノオ支援しだしてるだけですよね?
それまでは解除してくれの1点張りだったと思うのですが?
何について謝るのかですが、スサノオとは違ったスタンスを選んだからですよ
そもそもそこまで強くスサノオのどこが悪いの?支援していきますよ!と言うなら同盟抜ける必要なかったんじゃないですか?
抜けたという事はクラメンを、クランを守るためのあなたの選択ですよね
スサノオを応援したい気持ちよりそちらが勝ったわけですよね
それなら布告時に同盟だった件を謝るべきです
スパイを送りこんでいたならもっと早く布告してると思うんですがどう思いますか?
内部の誰かがノンシュガーに漏らした、または知人に話したのがノンシュガーにばれた
布告の遅さからしてどちらかだと思いますよ
少し脱線してしまいましたが、先に書いたようにあなたの考えで選択したのですから可能な限り布告撤回に努めるべきでした
ドワーフなりの戦い方とかかっこつけてますが、あなたのクラメンは全員ドワーフなんですか?
税収妨害なんていくらになるんですかw
そんな事するぐらいなら祝復活でスサノオを起こしてあげた方が数倍有意義だと思います
LV1のキャラでもできますよ?

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


ご意見ありがとうございます。
(辛辣ですね)

7月10日(月) 22時頃、スサノオアジトにて
対ノンシュガー勢力樹立について、通達が出る。
この2時間後、ノンシュガーからスサノオへ布告が来る。
スサノオ盟主に、事前にノンシュガーからスパイが潜入しているらしいとは聞いていた。布告後、そのメンバーが抜けた後にこっそり名前を教えてもらった。

確かに、布告解除への動き方が、中途半端に見えるんでしょうね。
ノンシュガーから、布告されたのを確認したのは、スサノオ盟主からの指示で同盟離脱した後でした。
布告されるんだったら、解除しなきゃ良かったと思っています、今も。
アカデミー生の卒業までは、布告されないようにと考えていただけです。それさえも叶わなかったです。

ハイエナ氏へ確認取った際に、王冠への布告を
『確認してみます』と言い、その後、
『スサノオとの同盟が確認出来たからです』と。
同盟離脱の話をしましたが、その後はだんまり。布告解除の有無も聞いてもだんまり。

翌週、追加のおかわり布告来ましたが、それは、ハイエナ氏と話している最中でした。同盟離脱しているので、布告が同盟関係が理由とは考えられない為、もう交渉は諦めました。
多分、これらが謝罪してないという事なんでしょう。
自分の考えでは、謝る理由がありません。(見つかりません。)

ずっと、スサノオにいます。知ってる人も沢山いるでしょうし、ブログにもその件については、書いてあります。
スサノオへの支援を急にしてると、外から見る人は見えるんですね。実際、支援じゃなく、一緒に立ち向かっている仲間達です。
戦闘では、役に立ちませんけど、後方支援として動いています。(祝、羽、高級帰還スク、SSなど。)

同盟設立に関しても、スサノオの血盟レベル5にする為に、血の証の提供もしています。(約7千個)

自分が出資してやっと同盟を組んで、同盟先も新たに見つかって、それを、布告の為に、やむ無く解消せざるを得なくなり、それでも布告が来る。
かなり、ムカついてますよ、ノンシュガーに。
私怨と捉えて貰っても構いません。

ノンシュガーの元スサノオ・王冠メンバーは、何も思わないのか?と。

何か言い訳やら愚痴になってきたな。

最期に、
ドワーフなりの戦い方
>これは、王冠ではなく、ドワーフギルドの事です。
ブログ読んでる方からのコメントで、ノンシュガーに税金払いたくない一般もいますよと、言っていました。
これは、昔ワットのばんおさんが同じことを言ってました。敵対の収入を少しでも減らす為に、消耗品は高くてもよそで買えと。

正直、対した額じゃないですよ、実際。一日でたかだか、精霊石5~10万個ですからね。でも、こういう運動してれば、ギランで買う人もう少し減るんじゃ無いですか?

ブログにも書きましたが、何をやるのも自由なんで、各々選択して色々やれば(やらない)で、良いと思います。

にほんブログ村 ゲームブログ 2へ

↓↓↓↓↓ ポチっと押してもらえると嬉しいです (*^_^*)

2017. 07. 23  
第二部
第四章 第114話


突き抜けるような蒼い空、木々が覆い茂った緑の山々、忙しなく鳴くセミの声、それら全てが涼を漂わせる涼しげな風に煽られて・・・全く涼しくない!!!

ギラギラと照りつける灼熱の陽射しが、縦横無尽に容赦なく大地に突き刺さる。

避暑地として、有名なこのフローラン村も、ここ、最近の暑さには辟易していた。
その近くに、王冠のアジトはあった。アジトの中で、ゴロゴロと昼寝三昧の日々。すぐ近くには、敵対視されたノンシュガーのアジトがある。
アジトの距離は近いが、それに反比例するかの如く、盟主間の心の距離は、遠く、深く、離れている。

そんな事を考えながら、この前の、ボンボンで煽った件を思い出していた。


【勝手にしやがれ】盟主 おおうなぎ。

グランカイン初期の頃から、独自のスタイルを崩さず、貫き通してきた老舗血盟。
スサノオ盟主から、関わってはいけない血盟の五指のうちの一つと教えられた。

一見、自由奔放、無秩序に見える血盟であるが、何かしらのルールは在るようだ。
そんな彼らを、時たま羨ましく眺めていたものだ。

しかし、彼らがその自由奔放を勝ち得るまでには、シモーサが知らない苦労と不自由さがあり、自由を勝ち取る闘いがあったのだろうと想像してみる。そんな彼等とノンシュガーアジト前で、ボンボンと花火でお祭騒ぎをしたのは、単純に、楽しかった。

彼等から勇気を貰ったような気がする。ドワなりの戦い方も教わり、シモーサは、ノンシュガーに対して戦いを始める。

そんな時に、新たな動きを見せる男がいた。

【ザンコン】だ。

第二次VIPLB抗争をより複雑な状況へ陥れるべく、ノンシュガーと手を結んだらしい。

LB敵対
VIP、LA、SS、凛華、スサノオ

ノンシュガー敵対
ISIS、罪罰、スサノオ、王冠、ジャックス

これで、敵の敵は、味方という構図になるのか?

ジャックスとは組まないが、
王冠としては、スサノオとは友好関係だが、他の血盟とは距離がある。距離というのは、戦う姿勢と親密度だ。
正直、戦場で王冠に出来ることなんて、祝帰還くらいだ。後方支援部隊としては有り得るが、最前線に立つとは考えにくい。それが、他血盟との戦う姿勢の違い。(そもそもうちのクラメン、布告されても変わらず、狩りと釣りしてるから、戦う気は無いと思われる。)

他血盟との親密度・・・皆無。まぁ、盟主の政治力の無さが原因である。

グランカインは、より混沌とした状況になってきた。だが、シモーサには、関係無い。ノンシュガーの税収減を試みて行くだけだ。

『宣誓、ドワーフギルドと王冠は、アデン・ギランが落城するまで、モンレで戦い続けます。』



にほんブログ村 ゲームブログ 2へ

↓↓↓↓↓ ポチっと押してもらえると嬉しいです (*^_^*)
2017. 07. 22  
第二部
第四章 第113話

前話にコメント頂いた内容に対しての自分の考えです。


ーーーーーーー【原文】ーーーーーーーー

ブログを拝見して思った事は、本当にクラメンを大事に思っていますか?
自分の体裁を優先していませんか?
スサノオとの同盟が布告後に続いた事が原因だとグラン板には書いてありました。
真意はわかりませんが、最初にあなたが取るべき行動はその件に関して誠意を持って謝罪することだったと思います。
それをブログでネタのように扱い、どうせそのうち解除されるだろうと甘く考えていた結果が今じゃないでしょうか。
昨日のフィーサさんのような対応をしていたらすぐに解除されていたと思いますよ。
クラメンはあなたのおもちゃじありませんよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



ご意見ありがとうございます。

確かに、謝罪していたら、布告取下げもあったかもしれません。ご指摘の様に、そのうち解除になるだろうと思っていたのも事実です。

では、何を謝罪するのでしょうか?
スサノオと同盟を組んでいた事?
スサノオが反ノンシュガー活動をしていることは間違っている?


なぜ、スサノオの声明より早くノンシュガーが、スサノオに対して布告の公知を出せたと思いますか?
スサノオに、スパイまで送り込んでくる血盟へ何を謝るのでしょうか?


自分は、スサノオの取った行動は、間違っているとは思っていません。司祭を独占しているとか、ノンシュガーが天誅かもしれないとか、そんな理由じゃなくて、

【スサノオからノンシュガーへ行ったメンバーが、間違った行いをしている】

それを、何とか正そうとしているから、支持しています。

スサノオ盟主が、王冠は巻き込まない様に配慮して下さったのに、布告来てしまった件は、メンバーには申し訳ないと思っています。

しかし、布告されなかったら、蚊帳の外で傍観なんて出来たかというと、多分、出来なかったと思います。何かしらの行動は起こして、ノンシュガーに目をつけられていたでしょう。

ブログには、湿った感じが出ない様にしています。だって、落ち込んでたら、ノンシュガー喜ばすだけですよね。
【布告は、ダメージ無いですよ!】と、メッセージを発信しないと、ノンシュガー調子乗っちゃいますしね。


自分の見通しは、
まぁ、そのうち、終わるんじゃない?です。

理由は、【天網恢々疎にして漏らさず】


果たして、求める答えになったのか?は、分かりませんが、決して、仲間をおもちゃにしているつもりはありません。

二代目王冠創設から、こんな自分を盟主と仰いでくれる仲間ですから、これからも、大切にしたいと思っています。

にほんブログ村 ゲームブログ 2へ

↓↓↓↓↓ ポチっと押してもらえると嬉しいです (*^_^*)